御朱印(ご朱印)

御朱印とは朱印(しゅいん)は、神社や寺院において主に参拝(参詣・巡礼・巡拝)者向けに押印される印章、および、その印影の事。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれます。...
日々、やれやれ > 御朱印 > 御朱印(ご朱印)
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました

御朱印(ご朱印)

御朱印(ご朱印)

御朱印とは

朱印(しゅいん)は、神社や寺院において
主に参拝参詣巡礼巡拝)者向けに
押印される印章、および、その印影の事。

敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれます。




複数の御朱印の印影を集める事を集印(しゅういん)と言って
御朱印を押印し集印するための専用の帳面を下記のように呼びます。
  • 朱印帳(しゅいんちょう)
  • 御朱印帳(ごしゅいんちょう)
  • 納経帳(のうきょうちょう)
  • 集印帳(しゅういんちょう)
屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと
和綴じ(和装本)のものが多く、寺社や仏具店、神具店や文房具店
楽天市場amazonなどのネットショップ、書店等で販売してます。

御朱印を頂く時には納経をした

起源には諸説あるそうですが、元々は寺社に写経を
納めた(納経した)際の受付印であったとする説が有力です。

そのため、御朱印を「納経印」と呼ぶこともあります。

現在は、神社では納経をするという風習はないと聞きますが
現在でも納経をしないと御朱印が頂けない寺院が存在するそうです。

しかし、多くの寺社では少額の金銭(初穂料・御布施)を納める事で
御朱印が頂けるようになっています。

おいらの経験では、寺社に納める金額は、多くの寺社で300円ですが
200円~500円程度の事が多いです。おおむね、300円です。

300円が相場って事ですね。 なので、おいらの小銭入れには
100円玉が『わんさか』入っています(笑)。

また、「お気持ちをお納め下さい」として金額を明示しない場合も
あります。 この場合、「志納」と言うそうです。
この「志納」の場合は、300円をお納めすれば、問題ないと思います。

また、そういう寺社は出合った事がないですが
服装に輪袈裟や白衣姿などでないと応じない寺院
事前に電話等での連絡が必要な寺社もあるそうです。

檀務(お寺のお仕事ね)などで忙しくしてらっしゃる事があるので
あらかじめ、電話等で連絡しておく方が良いと思います。

御朱印の頂き方

神社の場合は社務所かご神職のご自宅に行き
呼び鈴があれば、それを押します。
下記のどなたかが出てこられます。
  • ご神職(神主さんとか)
  • ご神職のご家族
  • 神社の職員
  • 氏子さん
出てこられた方に『御朱印を頂きたいのですが』と言うと
『御朱印帳はお持ちですか』と聞いてくれます。
持参した御朱印帳を渡すと押印したり神社名を書いたりしてくれます。
その後、御朱印料(初穂料)を奉納すればよいです。


寺院の場合は、寺務所か庫裏(くり:ご住職のご自宅も兼ねる)に行き
呼び鈴があれば、それを押します。
下記のどなたかが対応して下さいます。
  • ご住職(僧侶)
  • ご住職のご家族(お庫裏さんなど)
  • 寺院の職員
  • 檀家さん
出てこられた方に『納経印を頂きたいのですが』と言うのがスマート。
担当された方が『納経印(*´д`)??』みたいな顔をなさったら
『σ(o-*)フゥ』と心の中で思ってから『御朱印を頂きたいのですが』と言うと
『こいつやるな! 』と思われますww

で、納経帳(御朱印帳)を渡し、押印や寺院名を書いて頂き
納経料(300円が相場)を奉納すればよいです。

寺院の場合、本堂に上げて頂く事が多い

納経印(御朱印)をしている寺院は、必ずしも
観光寺院や有名寺院、各宗派の本山と言うわけではなく
地元のお寺(檀家寺)である事も少なくありません。

そう言ったお寺の場合、結構な確率で本堂に上げて頂けます。
(壇務などでお忙しくない場合は特に。)

その時に役立つのが、おいらがいつも持ち歩いている
『神社・仏閣巡拝セット』の中に入っている
お線香と般若心経。

 → 神社・仏閣巡拝セットって?

本堂にいらっしゃる仏さまにお線香を差し上げ
般若心経を読経(やった事がないけど 爆)。

お線香を差し上げたあと、お話をする機会が多いです。
それが、現在のインタビューにつながっています。

日蓮宗と御朱印
日蓮宗の寺院では他宗派の御朱印が書かれた御朱印帳だと
お題目を略されて「妙法」等としか書かれない寺院もあると聞きます。

和泉西国三十三箇所霊場の札所で、日蓮宗の寺院がありましたが
そちらは霊場のものなので、略されてはいませんでした。
浄土真宗と御朱印
また、一般的には浄土真宗の寺院では
参拝参詣巡礼巡拝)者に御朱印を押印しないそうです。

御朱印関連ワード
下記の語句が、御朱印とともに検索されてるっぽいです。
  1. 滋賀県
  2. 京都府
  3. 多賀大社
  4. 醍醐寺
  5. 建仁寺
  6. 東寺
  7. 田無神社
  8. 壬生寺
  9. 柴又帝釈天
  10. 円覚寺
(一部抜粋)
お参りしたことのない寺社ばかりだ(汗)。


歴史ブログ 史跡・神社仏閣
└御朱印を頂ける寺社への参拝記を探す

人気ブログランキング
└納経印を頂ける神社・寺院へお参りしたブログを探す

FC2 Blog Ranking
納経印の歴史について書かれたブログを探す

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:御朱印 ]
[ 投稿日時:2014/04/04 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/1089-8938f431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: