和泉市

和泉市整骨院おいらが参拝(参詣・巡礼・巡拝)するのは和泉市の神社・寺院。整骨院の事を調べてらっしゃる方が多いみたいです...
日々、やれやれ > 日記 > 和泉市
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました

和泉市

紅葉稲荷神社

和泉市整骨院

おいらが参拝参詣巡礼巡拝)するのは和泉市の神社・寺院。
整骨院の事を調べてらっしゃる方が多いみたいです



と言っても、整骨院は、このブログの範疇ではありませんから
今まで、触れてないのですが、お店巡りとかでやればいいのかな?

和泉市池田下町 フジパレス 賃貸

『和泉市池田下町 フジパレス 賃貸』と言う検索ワードも
そこそこいい感じなので、このブログでするなら
池田下町の神社』とか『○○寺近辺の賃貸物件』などを
触れたらいいのかな?

池田下町だったら、春日神社だっけな?

和泉市役所近辺の神社・寺院も狙い目

検索ワードを調べてみると和泉市役所検索している人も
結構いるみたいなので宝国寺か泉井上神社あたりでしょうか。
そのあたりの記事を、再編集して、SEOに強くしてみようかな。

和泉市

和泉市(いずみし)は、大阪府泉北地域に位置する市。

市域は全域和泉国和泉郡に属し、国府の他に国分寺
総社もあります。

和泉市は内陸の市
和泉市は、泉州の市では唯一、大阪湾に面していない内陸の市です。
沿岸部に発達した都市が、山手の農村部を編入する傾向が強い
泉州地域の自治体においては異例とも言えます。

これは、国府や伯太藩の影響から、山手としては比較的大きな集落が形成されていた事に
一因があると考えられています。

概ね国道26号(第二阪和国道)より大阪湾側の地域は
高石市、泉大津市、泉北郡忠岡町となっています。
和泉市の産業
和泉市の産業活性化のため、和泉市では、1995(平成7)年の
泉北高速鉄道「和泉中央駅」開業を機に
岸和田和泉インターチェンジの近くに工業団地
テクノステージ和泉」を設置しました。

設置当初こそ、まだ参入する企業は少なかったものの
年々各企業の進出が目覚しく、テクノステージ和泉に関しては
ほぼ売約済みの状況です。

また、近年では、和泉市内の企業への就職を希望する人々を
応援するためテクノステージ和泉やトリヴェール和泉西部ブロックで
事業を営む企業と協力し、市主催の合同就職面接会を開催するなど
和泉市を挙げて雇用の活性化に力を入れています。


歴史ブログ 史跡・神社仏閣
└和泉市の神社・寺院への参拝記を探す

人気ブログランキング
└大阪府の神社・寺院へお参りしたブログを探す

FC2 Blog Ranking
└和泉市の歴史について書かれたブログを探す

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:日記 ]
[ 投稿日時:2014/04/07 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/1092-f8bbdf96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: