赤間神宮から関門海峡を望む

赤間神宮より関門海峡を望む入江陵介なら泳ぐだろうと思われる関門海峡。もちろん、おいらは泳げないですが。赤間神宮から見るとこんな感じに見えるんです。...
日々、やれやれ > 風景 > 赤間神宮から関門海峡を望む
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました


赤間神宮から関門海峡を望む

関門海峡

赤間神宮より関門海峡を望む

入江陵介なら泳ぐだろうと思われる関門海峡。
もちろん、おいらは泳げないですが。
赤間神宮から見るとこんな感じに見えるんです。




今回の下関観光では、神社・寺院の鎮座する場所は
ある程度、調べていたのですが、その他の事に関しては
全くと言っていいほど、調べずに下関駅近辺を散策しました。

なので『神社・寺院はこのあたりに鎮座している』と言うのは
分かりましたが、ふらりと立ち寄った場所も、たくさんありました。

また、知っていたら、お得になったり、下関観光を楽しめたり
今回は、門司区にも行ったのですが、効率的に色んなところを周れたり
したのではないかなと、ちょっと後悔。

なので、次回、下関や門司を周る時に
知っておいた方がいいだろうと思う事を
ちょくちょく、備忘録として、書いておきます。

関門海峡クローバーきっぷ

下記の列車(電車)・バス・船を乗り継いで
関門海峡を一周できる切符らしい。
  • 観光列車
  • サンデンバス(みもすそ川~唐戸)
  • 関門汽船(下関唐戸~門司港)
値段は、おとな800円・こども400円
平成筑豊鉄道が、運営しているみたい。

平成筑豊鉄道

平成筑豊鉄道株式会社(へいせいちくほうてつどう)は
福岡県で鉄道事業を営んでいる福岡県および沿線自治体が
出資する第三セクター方式の鉄道会社。

トロッコ列車と言えば嵯峨野や保津川下り

駐車場と絡めた検索がされているようですが
平成筑豊鉄道もトロッコ列車「潮風号」を運営しています。
→ トロッコ列車「潮風号」のご案内

この事を知っていたら、もっと、今回の観光が楽しめたのに…
と思っています。

上記の写真を撮影したあと、門司駅に向かうため
電車(下関あたりは汽車と言う)に乗るため、下関駅に向けて
歩いていくのですが、ここで寄り道をするのです。

それはまた、別のお話。(王様のレストラン風 笑)


神社関連商品を
amazonで探す
楽天市場で探す


歴史ブログ 史跡・神社仏閣
赤間神宮への参拝記を探す

人気ブログランキング
└下関駅構内図について書かれたブログを探す

FC2 Blog Ranking
└門司駅 みどりの窓口について書かれたブログを探す

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:風景 ]
[ 投稿日時:2014/04/20 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/1105-d8cd0f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: