日本郵便「かもめタウン」

販促に暑中見舞い全戸配達暑中・残暑見舞いのはがきの「かもめ~る」を町内やマンション単位で全戸に配達する日本郵便のサービス「かもめタウン」が好調らしい。...
日々、やれやれ > 日記 > 日本郵便「かもめタウン」
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました


日本郵便「かもめタウン」

新聞

販促に暑中見舞い全戸配達

暑中・残暑見舞いのはがきの「かもめ~る」を町内やマンション単位で全戸に配達する日本郵便のサービス「かもめタウン」が好調らしい。




朝日新聞
昨日の朝日新聞の記事

かもめ~る」は年賀はがきに比べ、売り上げが少ないと思っていましたがなかなか検討しているようです。

昨年夏を18%上回るペース

今年夏の販売枚数は、初の1000万枚を超えをした昨年夏を約18%
上回るペースで、お店や塾、美容院などが販促のため近所に配る例が
多いそうな。

あて名がいらず「新規顧客の獲得に有効」と売り込んでいるそうです。

商品無料仕入戦隊『電脳卸』

配達指定郵便物の一種

かもめタウンはタウンメールと言う配達地域指定郵便物の一種で平成21(2009)年度から始まりました。
1枚52円で、1~2000枚程度の利用が中心だと言います。

販売枚数右肩上がり
昨年度は前年度の1.5倍以上となる1247万枚だったそうです。

商品無料仕入戦隊『電脳卸』
はがきの信頼性
いちばんの強みははがきの信頼性で、通常のチラシ(ビラ)よりも費用は
かさむけれど、目にしてもらえる割合も高いと言います。

何より現金5万円などが当たる「くじ付き」のため
抽選日(今年は9月1日)まで保管してもらえる可能性が
高いのも売りだとのこと。

季節の挨拶も盛り込めて、通常のダイレクトメールより
読んでもらえるチャンスが広がる

と担当者。

暑中見舞い
楽天市場で探す

暑中見舞い
Amazonで探す

ブログランキング・にほんブログ村へ
└明日は、どんな記事?

人気ブログランキング
└たまには、朝日新聞もいい記事書くじゃないかw

FC2 Blog Ranking
暑中見舞いを書いてみる?

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:日記 ]
[ 投稿日時:2014/08/19 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(1)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/1220-12a67d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
販促に暑中見舞い全戸配達暑中見舞いや残暑見舞いで使うはがきの「かもめ~る」を町内やマンション単位で全戸に配達する日本郵便のサービス「かもめタウン」が好調なんだとか。「か...
2014/08/21(木) 01:14:55 | なんちゃってジャズマンのジャズ日記
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック
リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: