興福寺南円堂

奈良県奈良市登大路町48に鎮座する興福寺南円堂に参拝したのは2017年4月24日。...
日々、やれやれ > 仏閣・寺院(奈良県奈良市) > 興福寺南円堂
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました

興福寺南円堂


奈良県奈良市登大路町48に鎮座する興福寺南円堂に参拝したのは2017年4月24日。


昨日、北円堂のことを書きましたが、今日は南円堂です。

興福寺とは?

興福寺は、奈良県奈良市登大路町48に鎮座する、南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院

法相宗

Wikipedia(ウィキペディア)によると法相宗は、下記のような説明がされています。

法相宗(ほっそうしゅう)は、インド瑜伽行派(唯識派)の思想を継承する、中国の唐時代創始の大乗仏教宗派の一つ。638年(唐代、貞観19年)中インドから玄奘が帰国し唯識説が伝えられることになる。その玄奘の弟子の慈恩大師基(一般に窺基と呼ぶ)が開いた宗派である。唯識宗・慈恩宗とも呼ばれる。

勉強になりましたφ(..)。


法相宗関連商品を
👉  楽天市場で探す
👉  Amazonで探す


南円堂特別開扉

西国三十三所の九番札所として参詣人が絶えないが、堂の扉は常時閉ざされており、開扉は10月17日の大般若経転読会という行事の日のみである(2002年秋、2008年秋、2013年春に特別開扉が行われた)。

南円堂の国宝

下記の仏像が国宝に指定されています。

  • 本尊不空羂索観音菩薩像
  • 四天王像


南円堂のお堂は重文

昨日、紹介した北円堂は建物(お堂)自体も国宝に指定されているようですが、南円堂は重文(重要文化財)なんだそうです。




南円堂の御朱印

せっかく、奈良県奈良市まで来たのだから(おいらは大阪府南部に住んでいます)、南円堂で御朱印が頂けるとのことでしたので、ひとつだけでも頂こうと思いました。

他にも数種類あると聞いていたのですが、『諸般の事情』で頂かなかったです。
(そのあたりは、昨日のブログ記事にて)

御朱印を頂く場所

南円堂の右隣(だったと記憶しています)に御朱印を頂ける場所があり(南円堂を含め3種だったはず)、そこに御朱印帳を預けること数分、御朱印が捺された御朱印帳が帰ってきます。

御朱印料は300円? 500円? …忘れた( ̄▽ ̄;)

[参考]
南円堂 - 興福寺の伽藍 | 興福寺について | 法相宗大本山 興福寺

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:仏閣・寺院(奈良県奈良市) ]
[ 投稿日時:2017/05/15 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(1)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/1454-4ed0a7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
奈良県奈良市に鎮座する興福寺南円堂の納経印(御朱印)。
2017/05/21(日) 14:45:43 | 日々、やれやれ
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: