岸和田城について調べてみた

岸和田城(きしわだじょう)は、大阪府岸和田市岸城町にあった城である。別名千亀利城(ちきりじょう)。城跡は大阪府の史跡に指定されている。...
日々、やれやれ > 風景 > 岸和田城について調べてみた
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました

岸和田城について調べてみた

岸和田城(きしわだじょう)は、大阪岸和田市岸城町にあった
城である。別名千亀利城(ちきりじょう)。
城跡は大阪府の史跡に指定されている。



建武元(1334)年前後に、和田高家が現在の岸和田跡から
約500m東(野田町1丁目周辺)に岸和田古城を築城。
「岸の」とも言われた。

その後『日本城郭大系』によると信濃泰義によって
現在地に移築されたとしている。

羽柴秀吉の紀州征伐の拠点として再築城され
その急ごしらえで造られていたものを、小出秀政が5重天守を上げる
本格的な構えとした。

松平康重の代に総構えと城下が整備され、岡部宣勝の頃
城の東側に2重、西側に1重の外堀と寺町が増築されている。

文政10(1827)年に天守を焼失。
以降再建されないまま、明治4(1871)年に廃城とされ
まもなく破却された。

岸和田は猪伏山(いぶせやま)と呼ばれた小高い丘の上にあり
本丸と二の丸を合せた形が、機の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に
似ていることから蟄亀利城(後に千亀利城)と呼ばれるようになった。

城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて
縁結びの神社として知られている。
桜の季節は花見の名所となる。

その岸城神社に行くついでに撮影したのが下記の写真

岸和田城(2011.10.18)

岸城神社に行った時の記事は岸和田市・岸城神社に行く

現在、岸和田城は市立の展示施設として
岸和田城の歴史紹介・所蔵物の展示などを行っており
観光振興の拠点となっている。

所在地:大阪岸和田市岸城町9-1

開館時間
開館時間:午前10時
閉館時間:午後5時(入館は4時まで)

休館日:毎週月曜日・年末年始(12月30日~1月4日)

入館料:大人300円・中学生以下無料

電車でのアクセス
南海電気鉄道 南海本線 蛸地蔵駅 → 徒歩約10分
(南海電鉄オンラインストア)

車でのアクセス
阪神高速道路 湾岸線 岸和田南出入口より
大阪府道29号大阪臨海線 → 大阪府道39号岸和田港塔原線
→ 大阪府道204号堺阪南線 城内に有料駐車場有り

[参考]
歴史とだんじりの町のシンボル『岸和田城』
岸和田城 - トラックバックセンター

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:風景 ]
[ 投稿日時:2011/10/20 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/171-8c3e552b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: