感田神社のご朱印と授与所

大阪府貝塚市中905に鎮座する感田神社の御朱印は、拝殿(本殿)に併設されている御神符授与所というところで頂きました。...
日々、やれやれ > 御朱印(大阪府貝塚市) > 感田神社のご朱印と授与所
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました

感田神社のご朱印と授与所

大阪府貝塚市中905に鎮座する感田神社の御朱印は、拝殿(本殿)に併設されている御神符授与所というところで頂きました。


前回、大阪府貝塚市中905に鎮座する感田神社に参拝した時はご神職がご不在だったからか、御朱印を頂けなかったのですが、今回はご神職とお会いする事ができ、御朱印を頂く事ができました。

大阪府貝塚市・感田神社の御神符授与所

御神符授与所

感田神社の拝殿(本殿)に向かって、左側に御神符授与所というのがあり、そこで、御朱印を頂きます。

その前に、三之社~六之社の向かい側にある、ご神職のご自宅、または社務所と思しき建物に行き呼び鈴を鳴らして、ご神職をお呼びしました。

よく見ると、御神符授与所にも呼び鈴がありましたので、そちらの呼び鈴を鳴らしても、大丈夫かもしれませんが、より確実なのは、先ほども書きましたが『ご自宅』か『社務所』と思しき建物にて、ご神職を呼んで頂くのが、いいと思います。

ご神職がご不在でも、ご家族のどなたかが対応して下さいますので。

前回、おいらは、ご家族の(娘さんと思しき)方に対応して頂き、ご神職がご不在で、御朱印を頂けなかったのですが、とても対応がよく、すがすがしい気持ちになりました。

その時の事は前回、感田神社に行った時の記事『 大阪府貝塚市感田神社に行く 』で。

感田神社の御朱印

大阪府貝塚市・感田神社のご朱印

こちらが御朱印。朱色の部分(神紋と感田神社の文字)以外の奉拝・感田神社・平成二十四年七月二十一日の文字は印(ハンコ)ではなく、手書き。

ご朱印を頂いたあと、あれこれ質問してみました。

インタビュー

感田神社の『感田』は、旧村名だったりするのですか? (おいら)

 元は、神田河原神社と言ったそうです。
 岸和田藩の藩主様に支援して頂いた時に
 神田の『神』を『感』に変えたと聞いています。
 たしか、南近義神社は、地名からでしたね。 (ご神職)

拝殿や摂末社の写真を撮影し、母に見せてあげているのですが
その時に『ご神体』が写りこまないように、格子戸のガラス部分に
おいらや、人が写りこまないように、心がけています。 (おいら)

 それは、良い心がけだと思います。
 わが神社の摂末社には、ご神体を安置していないので
 安心して、撮影して下さい。
 神社によっては、わが神社のように、いわゆる『本殿』以外は
 ご神体を安置せず、特別な場所にてお守りしているところも
 結構あるようです。 (ご神職)

昨年の10月に、感田神社に参拝した時に
ご令嬢と思しき女性に対応して頂きました。
残念ながら、御神職がご不在だったからか
ご朱印を頂く事はできませんでした。 (おいら)

 それは、申し訳ございません。
 霊場の札所になっている寺院などもそうだと思いますが
 神社に関しても、一度、電話ででもご連絡を頂けましたら
 対応しやすいのですが、お参りをされる方も、電話などで
 連絡できるだけ、予定がしっかりしている方ばかりでも
 ないでしょうし、あなたのように、神社側の誰かに
 『お参りしに来ました』と、伝えて頂ければ
 次回、お参りに来て下さった時には、しっかりとした
 対応ができると思います。 (ご神職)

感田神社から近い神社といえば、どちらになるでしょう?(おいら)

 大阪府神社庁に加入している神社で言うならば
 南近義神社か阿理莫神社でしょうか。
 未加入の神社だと、有名どころだと高おかみ神社が
 当社からだと近いですね。
 自転車で行かれるのなら、一度には無理かと思いますが。 (ご神職)

今日は、ありがとうございました。 (おいら)

 よう、お参りになられました。
 今日も暑いので、おきをつけて (ご神職)

このようなやり取りがあり、貝塚市のパンフレットや御由緒を頂き、昨日紹介した表門? の写真撮影に向かいました。

パンフレット

大阪府貝塚市・感田神社の由縁

ぴたっと貝塚まっぷ(薄いバージョン)

写真を撮影している時に、ご神職が走って来られ
『こちらの方が、詳しく乗っていますので』
と、これを頂きました。

ぴたっと貝塚まっぷ(厚いバージョン)

後から頂いたものの方が、ほんとに詳しく書いてあります。先に頂いた方は、全体図が見やすいです。

なので次回、貝塚方面に行く時は、御朱印帳と納経帳、ぴたっと貝塚まっぷを持ち、愛車の自転車“ひろくん号(仮)”に乗って行きたいと思います。


人気ブログランキング
└御朱印について書いているブログを探す

にほんブログ村 史跡・神社仏閣
└感田神社の参拝ブログを探す

FC2 Blog Ranking
└大阪府貝塚市の神社への参拝記を探す


[ここから追記]
大阪府貝塚市の感田神社について、少しだけではありますが、調べてみたので、興味があれば、このまま読み続けて下さい。

寺内町の氏神

貝塚寺内町の氏神社で、毎年7月第3土曜日・日曜日(海の日の前々日・前日)貝塚太鼓台祭りが開催される。

氏神とは?


日本において、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神のことで、同じ氏神の周辺に住み、その神を信仰する者同士を氏子(うじこ)という。

現在では、鎮守(ちんじゅ)ともほぼ同じ意味で扱われることが多い。氏神を祀る神社のことを氏社という。


祭神

感田神社の主な祭神は下記の通り

  • 天照皇大神
  • 素盞嗚尊
  • 菅原道真

この他にも、いろいろな摂末社が鎮座しています。


交通アクセス

南海本線・水間鉄道水間線:貝塚駅西口より北へ徒歩3分

神社関連商品を

⏩ 楽天市場で探す
⏩ Amazonで探す

2017年5月17日追記

ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:御朱印(大阪府貝塚市) ]
[ 投稿日時:2012/08/02 ]
[ 編集 ]
コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
この記事へのコメント
おはようございます
やはり神田、がルーツだったんですね~

きょうも勉強になりました。
2012/08/02 05:48 | URL | kenji #tHX44QXM[ 編集]
こんばんは!
ようお参りになられました。
すごくじーんとくる言葉ですね★いつも皆さんそうおしゃってくださるんですね♪
言葉が本当に綺麗ですね♪
2012/08/02 23:35 | URL | がんばる肝っ玉母ちゃん #-[ 編集]
kenjiさんへ
地名が由来のところも多いですので
もしかしたら『字』とかが『感田』なのかな。
と思っていましたが神田神社がルーツなんだそうです。

おいらも勉強になりました。
2012/08/02 23:35 | URL | ジャズマンひろくん #.hctzSfw[ 編集]
がんばる肝っ玉母ちゃんさんへ
ほとんどの、御神職やご住職は言って下さいますね。
ご朱印(納経印)を書いてくださったあと
『はい、これ。』みたいな事を言う方も
ごく稀にいらっしゃいますが
今まで、参拝(参詣)したところでは
1つか2つでした。

神さま、仏さまのいちばん近くで生きている人たちなので
『人間ができている』方が多いのでしょう。
2012/08/02 23:38 | URL | ジャズマンひろくん #.hctzSfw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/469-a7a69bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: