『広報いずみ』和泉市久保葱記念美術館の紹介記事

6月30日に、大阪府和泉市の広報誌である『広報いずみ』7月号が我が家に届きました。...
日々、やれやれ > 日記 > 『広報いずみ』和泉市久保葱記念美術館の紹介記事
日々、やれやれへようこそ

ようこそおいでくださいました。
神社・寺院を巡り、ご朱印(納経印)を頂くのがライフワークのひとつ
神社・寺院の写真や御朱印(納経印)、街並みやお店を紹介したりしています
最近は旅行貯金(郵便局めぐり)もはじめました

『広報いずみ』和泉市久保葱記念美術館の紹介記事

6月30日に、大阪府和泉市広報誌である
広報いずみ』7月号が我が家に届きました。



大阪府和泉市の広報誌の広報いずみの記事の中で
おいらの“琴線に触れた”記事のひとつ。

それは、和泉市久保惣記念美術館の紹介記事


和泉市久保葱記念美術館

和泉市久保惣記念美術館

常設展:北斎・広重の名所と風景 ─日本を巡る─
葛飾北斎「冨国三十六景」や歌川広重「東海道五十三次 保栄堂版」などを中心ににほんの豊かな風景屋敷を描いた浮世絵版画約60点を展示しているそうです


和泉市久保惣美術館の入場料は下記の通り

和泉市久保惣記念美術館の入場料
  • 一般:500円
  • 高校・大学生:300円
  • 中学生以下:無料




和泉市久保惣記念美術館は、阿弥陀山松尾寺の近く

おいらが参拝した阿弥陀山松尾寺の近くと言えば、近くです。

  1. 阿弥陀山松尾寺への階段は
  2. 松尾寺の首堂とお地蔵さま
  3. 阿弥陀山松尾寺の山門と…
  4. 阿弥陀山松尾寺の鐘楼とか
  5. 阿弥陀山松尾寺の三夭堂と
  6. 阿弥陀山松尾寺の納経所と
  7. 松尾寺の不動尊堂とか色々

車で行く方は、府道226号線を、ひたすら山の方(河内長野市方面)へ
行くと、左側に和泉市の内田春日神社
内田地蔵寺( 大阪府和泉市・内田地蔵寺に )などがあり
それらを通り過ぎると、右側に見えてきます。


その後、まっすぐ進み『 おいらが向かったその先は 』の画像の様な
風景が見えてきます。

『←松尾寺町』の看板の方に進んで行くと
松尾寺に辿り着きます。


なので、位置関係は

泉北高速和泉中央駅

府道226号線を進む

左側の内田春日神社

左側に内田地蔵寺

右側に和泉市久保惣記念美術館

左側に阿弥陀山松尾寺

と言った感じ。


和泉市久保惣記念美術館のお問合せ先

和泉市久保惣記念美術館の電話番号 0725-54-0001
サイト(ホームページ) 和泉市久保惣記念美術館





人気ブログランキング
美術館に行った人のブログを探す

にほんブログ村 30代オヤジ
葛飾北斎の事について書いているオヤジブログは?

FC2 Blog Ranking
歌川広重について書かれたブログは?



ランキングサイト参加中

👉 にほんブログ村
👉 人気ブログランキングへ
👉 FC2 ブログランキング
👉 ブロともになる(FC2ブロガー限定)




関連記事
[ カテゴリ:日記 ]
[ 投稿日時:2013/07/05 ]
[ 編集 ]
コメント(0) | トラックバック(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
password:
非公開?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
※言及リンクがないトラックバックは受信されません
http://jeezblog.blog.fc2.com/tb.php/965-b81d5fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
プロフィール

ジャズマンひろくん

Author:ジャズマンひろくん
【ぶらり旅(散歩)が趣味】
おいらの琴線に触れた
風景や街並み、お店や
マンホール、参拝した
神社・寺院をデジカメで
撮影し、ブログに写真を
アップしています

【神社・寺院が好き】
ぶらり旅(散歩)の目的の
ひとつは神社・寺院巡り

最近は、神社の本殿や
寺院の本堂だけではなく
神社の鳥居や狛犬さんや
仏閣のご本尊等の仏像も
興味が出てきました

寺院の境内外にいる
お地蔵さま(地蔵菩薩)や
そのほかの仏さまにも
興味があります。

【御朱印・納経印】
御朱印帳(納経帳)を買った
事を機に、神社・寺院で
参拝後に御朱印(納経印)を
頂くのをライフワークの
ひとつにしてます。

【使用デジカメ】
CANON IXY DIGITAL 70

【旅行貯金(郵便局めぐり)】
最近、旅行貯金を始めました
(郵便)局めぐりとも言うそう
です。

郵便局の窓口で貯金して
郵便局印を捺してもらいます

QRコード

日々、やれやれのURLのQRコードです。

QR

スマートフォンやガラケーで読み込んでください。

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

[PR] 楽譜ネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: